引き出物にカタログギフトを選ぶ理由

結婚式の引き出物にカタログギフトを選択する新郎新婦が多くなっています。

かさばらずに遠方でも持ち帰りがしやすいことから、招待客に配慮をしている意味で選ばれることもあるでしょう。自分たちが良かれと思って用意した品物でも、相手の好みに合わずに迷惑に思われることもあります。御礼の意味で渡す引き出物なので、失礼がないようにするには招待客自身がほしい品物を選べるカタログギフトの方が相応しいと考える場合もあると言われています。

引き出物用のカタログギフトは式場で用意されていることもありますし、提携のギフト専門店から依頼出来ることもあります。様々な価格帯に分けられているため、頂いた御祝いの金額によって選ぶこともできるでしょう。目安はご祝儀の額の3分の1から半額くらいとされています。

また、若い方向けから目上の世代向けに分かれていることがあり、年齢によって贈り分けすることも可能な場合があります。御祝いの金額と贈り先の年齢層のバランスを考えて、目上の親族や上司と同世代の親族や友人と後輩というように種類を分けて選択する夫婦が多いです。気の置けない友人や親族に贈る場合は、相手の趣味に合わせた引き出物用のカタログギフトを贈ることも可能です。

料理が好きな方であれば、料理研究家が選んだグッズを記載した物を贈るといいでしょう。食べることが好きな方なら、地域の名産や季節の食べ物を中心に記載した物を渡すと喜ばれるでしょう。エステや旅行等の体験型のギフトが用意されているカタログも人気です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *