引き出物で人気の品物

結婚式の披露宴に出席して下さったゲストに対して、参列やお祝いを下さった御礼として、引き出物をお返しするのが一般的です。

選び方や品数は、地域性を反映したものが多くなっています。偶数で割り切れる数を避けるというのが一般的な考えですので、品物や記念品2つと引き菓子の合計3つというのがよくあるパターンです。場合によって、品物の数を1つにすることもあるし、4品ほどにする場合もあります。披露宴に出席して下さる方は、遠方から駆け付けて下さる場合もあります。

ただでさえ、結婚式の式服などの荷物がある上に、引き出物が帰りには増える訳です。特に年配の方や、2次会会場に移動する必要がある方、遠方から主席されている方にとっては、頂いた引き出物の袋が大きければ大きいほど、かさばりますし、持ち帰ったり持ち運ぶのに不便を感じられることも多いです。

そのため、昨今では品物を用意するのではなく、頂いた方が自由に好きなものを選べるカタログギフトを引き出物に用意するのが人気を集めています。

カタログギフトにはさまざまな種類があり、選べる品物の数も多いので、好みが分からない方やさまざまな年代の方であっても、ご自身の好きなものを選んで頂ける点が人気です。

さらに、カタログ自体はコンパクトな大きさのため、持ち帰る時の荷物もそれほど多くならないというメリットもあって、人気になっています。さまざまな会社がカタログを出していますので、選ぶ際には比較検討して品数の多いものを選ぶと良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *